ユナイテッド・アーバン投資法人

証券コード
8960

  1. ホーム
  2. ユナイテッド・アーバンについて
  3. 投資法人の仕組み

投資法人の仕組み

投資法人の仕組み

投資法人 ユナイテッド・アーバン
投資法人
規約に基づき、投資主より募集した資金等を不動産等、不動産対応証券、特定債券、不動産関連ローン等資産及びインフラ等関連資産の特定資産に投資することにより運用を行います。
資産運用会社 ジャパン・リート・
アドバイザーズ株式会社
投信法上の資産運用会社として、資産運用委託契約に基づき、本投資法人の定める規約及び資産運用会社の社内規定である資産運用ガイドライン等に従い、資産の運用に係る業務、及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(以下「マイナンバー法」といいます。)に係る個人番号及び法人番号(以下「個人番号等」といいます。)の取扱事務等を行います。
一般事務受託者
(但し、投資法人債に係る業務を除く。)
みずほ信託銀行株式会社 投信法上の一般事務受託者として、本投資法人の(1)機関の運営に関する事務の一部、(2)計算に関する事務、(3)会計帳簿の作成に関する事務、及び(4)納税に関する事務を行います。
資産保管会社 三井住友信託銀行株式会社 投信法上の資産保管会社として、本投資法人の資産保管業務を行います。
投資主名簿等管理人 三井住友信託銀行株式会社 投信法上の一般事務受託者として、本投資法人の(1)投資主名簿の作成及び備置きその他の投資主名簿に関する事務、(2)機関の運営に関する事務の一部、(3)投資主に対して分配する金銭の支払に関する事務、(4)投資主からの本投資法人に対する権利行使に関する請求その他の投資主からの申出の受付に関する事務、及び(5)マイナンバー法に係る個人番号等の取扱事務等を行います。
特別口座管理機関 三井住友信託銀行株式会社
三菱UFJ信託銀行株式会社
社債、株式等の振替に関する法律に基づく特別口座の口座管理機関として、本投資法人の振替口座簿の作成及び備置その他の振替口座簿に関する事務、並びにマイナンバー法に係る個人番号等の取扱事務等を行います。

本投資法人のバリューチェーン

本投資法人のバリューチェーン

項目 内容
物件の取得
  • 中長期にわたる本投資法人の安定収益確保を企図
  • その時々の経済情勢・不動産市場動向等を考慮
  • 様々な用途、地域分散を図り、一定期間における取得物件群の収益性を維持する
  • 本資産運用会社及びスポンサーからの豊富な情報ネットワーク・手法を駆使し、物件を取得
  • 適正価格での取得をするため、相対取引案件を志向し、入札案件は厳選
  • 遵法性、環境負荷、耐震性などの非経済項目も取得前に調査
最適なプロパティマネジメント(PM)
  • 中長期的視点から継続的な設備投資による資産価値・競争力の維持・向上を図る
  • 収入の増大と費用の適正化を図り、運用収益の安定的な成長を目指す
  • 案件ごとに、最適なプロパティ・マネジメント会社を検討の上、選定
バリューアップ
省エネ工事
増築・耐震補強等
  • 収入増、支出減につながる工事を機動的に実施
  • 短期的な収入ダウン等に捉われず、中長期的視点で投資判断
  • 経済性と環境負荷低減の両立を目指す
リーシング・
テナントリレーション
  • 新規テナントの募集、早期稼働、より高い賃料、良いテナントの確保
  • 潜在顧客に対する移転・増床メリットの提案
  • 省エネ工事の経済的メリットを分け合うなど入居テナントとのWIN-WIN関係の構築
  • 顧客のニーズを捉えたサービス・改善提案
売却 中長期的に収益の改善が見込めない場合、売却も含めた最適解を検討
JRA(本資産運用会社)
  • 上記のバリューチェーンを維持・発展させるため、知識・経験が豊富な従業員を雇用
  • 従業員の長期コミットを引き出すために、ワークライフバランス、待遇や福利厚生の充実を図る
  • 従業員スキルのさらなる向上を目指し、各種研修や資格取得の支援を実施
丸紅(スポンサー) スポンサーの丸紅株式会社は、世界中で多業界にわたり事業展開する総合商社であり、上記のバリューチェーンの各項目への取り組みや、本資産運用会社への人材供給をサポート。

このページの先頭へ