ユナイテッド・アーバン投資法人

証券コード
8960

  1. ホーム
  2. 投資法人の基本方針
  3. 環境への取組み

環境への取組み

環境方針

本投資法人は、環境への取組みとして2012年5月に環境方針を制定しました。

環境方針

本投資法人は、企業の社会的な責任を自覚し、環境への配慮と環境負荷の低減に努め、持続可能な社会の発展に貢献します。

  1. 省エネ・温暖化対策
    資源・エネルギーの効率的な利用を積極的に推進するとともに、環境に配慮した技術やシステムの導入等により低炭素社会の実現に努めます。
  2. 環境負荷の低減
    低炭素に加え、節水、リデュース(廃棄物の発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再資源化)等、環境負荷の低減と循環型社会の実現に努めます。
  3. 環境関連法令等の遵守
    環境に関連する諸法令・規則等を遵守し、環境保全に努めます。
  4. 環境コミュニケーションの推進
    環境への取り組み状況等、環境関連情報の開示に努め、社会とのコミュニケーションを通じて、様々なステークホルダーの皆様との連携と協働に努めます。
  5. 環境教育・啓発
    環境についての教育・啓発を行い、環境意識の向上に努めます。

2012年5月23日制定
ユナイテッド・アーバン投資法人

サステナビリティ目標

本投資法人は、サステナビリティに関する目標を以下の通り定めています。

温室効果ガス排出量が相当程度大きいとされる大規模施設の所有者として、所有する施設でのエネルギー使用量と延床面積等を勘案して算出される「エネルギー原単位」を、5年間平均で年1%削減することを目標としている。削減するための具体的な方策としては、空調更新による高効率化、照明等更新時の高効率機器の採用等を、施設の状況に応じて適用していく方針である。

GRESB評価の取得

「グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)」は、欧州の年金基金グループが創設した不動産会社・運用機関のサステナビリティ(持続可能性)配慮を測るベンチマークで、欧米・アジアの主要機関投資家が投資先を選定する際などに活用しています。

GRESB Green Star 本投資法人は、2012年度から毎年継続してGRESB調査に参加しており、2016年度の調査において、昨年に続き2年連続で最高位の「Green Star」の評価を取得しました。この評価は、サステナビリティ評価に係る「マネジメントと方針」及び「実行と計測」の両面において優れている会社に付与されるものです。

本投資法人は、今後も引続き、環境、社会、ガバナンスへの配慮に係る取り組みを推進してまいります。

※プレスリリース: GRESB調査における「Green Star」評価の取得に関するお知らせ(2016年9月8日)

DBJ Green Building認証の取得

「DBJ Green Building 認証」とは、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が独自に開発した総合スコアリングモデルを利用し、環境・社会への配慮がなされた不動産に対して5段階の評価ランクに基づく認証を行う総合評価システムです。

本投資法人の保有物件において、「アリーナタワー」及び「壷川スクエアビル」がDBJ Green Building 認証の"3つ星(非常に優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル)"の認証を取得しています。

DBJ Green Building認証

DBJ Green Building認証
日本政策投資銀行が、環境・社会への配慮が優れた不動産を認証する「DBJ Green Building認証」において、非常に優れた「環境・社会への配慮」がなされたビルとして認証されました。
B37 アリーナタワーオフィス

アリーナタワー ARENA TOWER

所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目1番地9他
敷地面積 2,733.00m2
延床面積 24,412.67m2
構造・階数 鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根
地下1階付15階建
建築時期 2008年5月
取得日 2011年6月16日
E3 壺川スクエアビル その他

壺川スクエアビル Tsubogawa Square Building

所在地 沖縄県那覇市壺川三丁目3番地5
敷地面積 5,294.63m2
延床面積 14,742.80m2
構造・階数 鉄骨造陸屋根11階建
(附属建物:鉄筋コンクリート造陸屋根7階建)
建築時期 2009年6月
取得日 2013年11月1日

DBJ Green Building 認証

* DBJ Green Building認証の詳細については、こちらをご覧ください。

「CASBEE不動産マーケット普及版」評価認証の取得

CASBEE(建築環境総合性能評価システム)は、国土交通省の主導のもと、日本で開発・普及が進められている建物の総合的な環境性能を評価するシステムです。
「CASBEE不動産マーケット普及版」は、CASBEEにおける建物の環境評価の結果を、不動産マーケットにおける環境評価の活用を促進することを目的として開発されたものであり、不動産の開発や取引の従事者にCASBEEを活用できるよう、評価基準が策定されています。評価項目は、「エネルギー/温暖化ガス」、「水」、「資源利用、安全」、「生物多様性/敷地」、「屋内環境」の5分類、21項目で構成されており、UNEP SPCI(※)が提唱する国際共通項目を考慮することで、国内外の企業から注目されている環境性能項目と同様の項目が考慮されています。

※国連環境計画 持続可能な建築物と気候変動イニシアチブ

評価S ★ ★ ★ ★ ★  (1物件)

B17 赤坂氷川ビル

赤坂氷川ビル
所在地 東京都港区
建築時期 1984年4月
延床面積 4,795.06m2

評価S ★ ★ ★ ★ ★

評価A ★ ★ ★ ★  (5物件)

B11 パシフィックマークス新宿パークサイド

パシフィックマークス新宿パークサイド
所在地 東京都新宿区
建築時期 1989年3月
延床面積 19,802.22m2

B20 パシフィックマークス赤坂見附

パシフィックマークス赤坂見附
所在地 東京都港区
建築時期 1994年3月
延床面積 1,895.87m2

B14 パシフィックマークス横浜イースト

パシフィックマークス横浜イースト
所在地 神奈川県横浜市
建築時期 1992年10月
延床面積 15,387.49m2

B22 パシフィックマークス新横浜

パシフィックマークス新横浜
所在地 神奈川県横浜市
建築時期 1991年10月
延床面積 4,141.89m2

B34 パシフィックマークス江坂

パパシフィックマークス江坂
所在地 大阪府吹田市
建築時期 1975年3月
延床面積 33,316.53m2

このページの先頭へ