ユナイテッド・アーバン投資法人

証券コード
8960

  1. ホーム
  2. ポートフォリオ
  3. ポートフォリオ一覧
  4. 第1・第2MT有明センタービル

E6その他第1・第2MT有明センタービル MT Ariake Center Building I&II

  • 第1・第2MT有明センタービル1
所在地 東京都江東区有明一丁目2番41号 (注1)
最寄り駅 ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「有明テニスの森」駅
東京臨海高速鉄道臨海線「国際展示場」駅
敷地面積 8,307.00㎡ (注2)
延床面積 22,917.94㎡ (注2)
構造 S/SRC (注1)
階数 5F (注1)
建築年月 1989年4月 (注1)(注3)
所有形態 (土地)所有権
(建物)所有権
(注1) 本物件は、第1MT有明センタービル(第1ビル)及び第2MT有明センタービル(第2ビル)の2棟で構成されており、「所在地」、「構造」、「階数」、「建築年月」は、第1ビルについて記載しています。
(注2) 第1ビルと第2ビルの合計の数値を記載しています。
(注3) 第2ビルの建築年月は1992年6月です。

物件の特徴

本物件は、東京都江東区有明に所在する物流施設です。有明を含む東京湾岸エリアは、東京都心部や首都圏近郊への交通アクセスの良さから、物流拠点が集積する地域です。本物件は首都高速の複数のインターチェンジの至近に立地し、物流施設として優位性を有します。また、ゆりかもめ線「有明テニスの森」駅から徒歩5分、りんかい線「国際展示場」駅から徒歩9分の位置に所在し、交通利便性にも優れ、人材の確保に有利な立地です。なお、東京湾岸エリアは都心との近接性から近年マンション開発が進められてきた地域でもあり、本物件の土地はマンション開発用地としても高い資産性を備えています。
本物件は、1989年竣工の第1MT有明センタービル(第1ビル)と1992年竣工の第2MT有明センタービル(第2ビル)の2棟で構成されています。2棟合わせて延床面積が22,000㎡を超える大型の物流施設である本物件は、階高4.8~6.3m(第1ビル:5.4~6.3m、第2ビル:4.8~5.6m)、床荷重1.0~2.0t/㎡(第1ビル:1.5~2.0t/㎡、第2ビル:1.0t/㎡)、柱間隔9.0~9.8m、高床式接車バースのスペックを有し、テナントによる効率的なオペレーションを可能とする汎用性を備えています。

関連プレスリリース

2014年11月20日
資産の取得に関するお知らせ(第 1・第 2MT有明センタービル 他 2 物件)PDF(PDF:1.5MB)

所在地

このページの先頭へ