ユナイテッド・アーバン投資法人

証券コード
8960

  1. ホーム
  2. 投資法人の基本方針
  3. ESGに関する取り組み
  4. ESGに関する外部認証・評価の取得

ESGに関する外部認証・評価の取得

本投資法人では、保有する不動産の環境・社会配慮の状況について客観性や信頼性を高めるため、第三者による外部認証や評価の取得を進めています。本投資法人における、外部認証等(DBJ Green Building、CASBEE、BELS)の取得割合は以下のとおりです。本投資法人では、今後保有物件における外部認証等の取得割合を引き上げていく方針です。また、本投資法人および本資産運用会社は「MUFG J-REIT向けESG評価 supported by JCR」において、最高評価「Sランク」を取得しています。

■ 外部認証の取得件数とポートフォリオにおけるカバー率(延床面積ベース)

DBJ CASBEE不動産 BELS 合計
取得件数 12 24 14 49
カバー率(延床面積ベース) 25.1% 19.4% 10.8% 53.9%
2019年6月30日時点(対象は底地物件を除く116物件)
アリーナタワーはDBJとBELSの両方を取得しているため、合計欄では重複分を控除。

GRESB評価の取得

「GRESB(グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク)」とは、欧州の年金基金グループが創設した不動産会社・運用機関のサステナビリティ(持続可能性)配慮を測るベンチマークで、欧米・アジアの主要機関投資家が投資先を選定する際などに活用しています。

GRESB Green Star 本投資法人は、2012年度から毎年継続してGRESB調査に参加しており、2018年度の調査において、4年連続で「Green Star」の評価を取得しました。この評価は、サステナビリティ評価に係る「マネジメントと方針」及び「実行と計測」の両面において優れている会社に付与されるものです。

本投資法人は、今後も引続き、環境、社会、ガバナンスへの配慮に係る取り組みを推進してまいります。

※プレスリリース: GRESB調査における「Green Star」評価の取得に関するお知らせ(2018年9月21日)

DBJ Green Building認証の取得

「DBJ Green Building 認証」とは、環境・社会への配慮がなされた不動産(「Green Building」)を支援するために、2011年4月に株式会社日本政策投資銀行が創設した認証制度であり、対象物件の環境性能に加えて、防災やコミュニティへの配慮等を含む様々なステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を評価・認証するものです。

* DBJ Green Building認証の詳細については、こちらをご覧ください。

「CASBEE-不動産」評価認証の取得

「CASBEE(建築環境総合性能評価システム)」とは、国土交通省の主導のもと、日本で開発・普及が進められている建物の総合的な環境性能を評価するシステムです。
「CASBEE-不動産」は、CASBEEにおける建物の環境評価の結果を、不動産マーケットにおける環境評価の活用を促進することを目的として開発されたものであり、不動産の開発や取引の従事者にCASBEEを活用できるよう、評価基準が策定されています。評価項目は、「エネルギー/温暖化ガス」、「水」、「資源利用、安全」、「生物多様性/敷地」、「屋内環境」の5分類、21項目で構成されており、UNEP SBCI(国連環境計画 持続可能な建築物と気候変動イニシアチブ)が提唱する国際共通項目を考慮することで、国内外の企業から注目されている環境性能項目と同様の項目が考慮されています。

本投資法人の保有物件においては、以下の物件が認証を取得しています。

「BELS」評価認証の取得

BELS認証「BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)」とは、建築物省エネ法(正式名称:建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(省エネ法)における省エネ性能の表示の努力義務に対応した、住宅・建築物を格付けする第三者認証制度です。国が定める建築物エネルギー消費性能基準に基づく一次エネルギー消費量から算出されるBEI(Building Energy Index)の値によって評価されます。
本制度に基づく評価・表示は、評価協会会員である登録住宅性能評価機関、指定確認検査機関あるいは登録建築物調査機関のうち、BELS業務を実施する機関としての届出を行った機関が実施することとされています。評価結果は星の数(1つ~5つ)により表示されます。

本投資法人の保有物件においては、以下の物件が認証を取得しています。

評価ランク ★ ★ ★ ★ ★

MUFG J-REIT向けESG評価 supported by JCRの取得

本投資法人及び本資産運用会社は、三菱UFJ リサーチ&コンサルティング株式会社(MURC)による「MUFG J-REIT 向けESG 評価 supported by JCR」において、最高評価「S ランク」を取得しました。

本件評価は、MURC をサービス提供者、株式会社日本格付研究所(JCR)をサポート企業として、ESG(環境問題(E:Environmental )・社会問題(S:Social)・企業統治(G:Governance))に関する独自のチェック項目に基づき、企業のESG に対する取組みを評価、スコアリングを付与するとともに、評価結果、現状の課題等をフィードバックするJ-REIT専用の商品です。

本投資法人及び本資産運用会社は、社会や環境と共生・共存できる健全な経営を実現するために、ESGへの配慮を通じたサステナビリティの向上に取り組んでおりますが、本件評価における「Sランク」の取得は、これらの取り組みが評価された結果と考えております。

プレスリリース:「MUFG J-REIT 向けESG 評価 supported by JCR」における最高評価「S ランク」の取得に関するお知らせ(2018年11月14日)

このページの先頭へ