ユナイテッド・アーバン投資法人

証券コード
8960

  1. ホーム
  2. ユナイテッド・アーバンについて
  3. 執行役員メッセージ

執行役員メッセージ

ユナイテッド・アーバン投資法人
執行役員 吉田 郁夫

最初に、新型コロナウイルス感染症及により亡くなられた方々にお悔やみ申し上げるとともに、罹患された方に心よりお見舞い申し上げます。また、献身的な活動を続けていただいております医療従事者の皆さま方に深く感謝申し上げます。

平素より、ユナイテッド・アーバン投資法人に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

本投資法人は総合型投資方針の下、第35期(2021年5月期)においては東京都港区所在のオフィスビル「虎ノ門ヒルズ 森タワー(10階1フロアの区分所有権)(取得価格:100億円)」、同「虎ノ門PFビル(同:34億円)」、東京都中央区所在のオフィスビル「UUR京橋イーストビル(同:72億円)」及び大阪府茨木市所在の住居「UURコート茨木東中条(同:16億円)」を取得しました。また、前期と当期に各々50%の分割譲渡を予定していたオフィスビル「西新橋1丁目ビル」(譲渡価格:189億円)の2回目の譲渡を実行しました。第36期(2021年11月期)は、不動産売買市況と保有物件の将来性等を総合的に勘案し、東京都渋谷区所在のクリニックビルを譲渡した一方、千葉県流山市所在の商業施設及び埼玉県加須市所在の物流施設(取得価格合計:70億円)を取得することで、資産の入替えによるポートフォリオの質的改善及び収益力向上を図りました。

当期決算につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響を受けたテナントへの緊急対応に関連して想定していた収入減の抑制、既存物件の収益改善、新規取得物件の収益寄与、売却益の収受により、営業収益24,198百万円、当期純利益9,847百万円と対前期比で増収増益となりました。1口当たりの分配金は3,182円(2021年1月公表の期初予想比プラス52円)とさせていただきました。第36期も新型コロナウイルス感染症の影響は今しばらく残ることが想定されるため、一定の想定の下に第36期以降の業績予想を策定しております。

世界経済は依然として新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けていますが、ワクチン接種の進展と共に、正常化を取り戻しつつある国も出始めています。わが国においても、幅広い年齢層においてワクチン接種が進展し、日常生活に明るい兆しが見え始めてきました。しかし、本格的な経済回復に至るには今しばらく時間を要する状況に変わりありません。かかる状況下、本投資法人は、コロナ禍におけるポートフォリオの収益力向上並びにアフターコロナを見据えた中長期安定運用に注力しております。

投資主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

2021年7月

このページの先頭へ